2017年5月27日土曜日

デューク・エイセス解散のニュースに思う、テレビを見ない派になってしまったさみしさ

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
なんとなくTwitterのモーメントを眺めていたらこんな話題がありました。



(モーメント埋め込むと長いのね・・・)

アラフォーとしては当然この歌は知っています。
そしていつ知ったのか、このグループ名も覚えていました。

なので、なんとなく他の曲も聴いてみようかとグループ名でググって、いくつかの動画をYouTubeで見ました。

『女ひとり』『遠くへ行きたい』はすぐに思い出しました。
『いい湯だな』…は、ドリフの「ババンババンバンバン」がないので落ち着きませんでしたが、このバージョン(原曲か)も聞き覚えがありました。
(改めてドリフも聞いたら、そういえば歌詞全然違うんですね)

と、ひととおり感傷に浸ったところで、ふと自分の子ども達は同じような体験をするチャンスが少ないかもしれないなと思いました。

全然興味がないグループだけど、聞き覚えがあって懐かしさすら感じる音楽がある、というのはやはりテレビの影響だと思うからです。長期間、色んなパターンで同じ曲が流れてないとこうはならないでしょう。

今のところ、ウチではアニメや戦隊もの、Eテレくらいしかテレビで流れていません。
両親(僕ら)が忙しくてテレビを見ていないからです。
またヒマな祖父母もいないので、子どもが興味のない番組を流しっぱなしにしているという状況が今後もなさそうです。

それが良いとも悪いとも思いませんが、なんとなくさみしい気がしました。

2017年4月30日日曜日

私が生活のインフラ的なところでLINEを使いたくない理由

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、クロネコや郵便などの宅配のみならず生活の様々なところでLINEが活用されようとしています。

私は本来こういうのが好きなので、とっくに色々と使っていそうなものですが、今のところ全く利用していません。

それはLINEの特にアカウント関連がシステムとしてイマイチ信用できないからです。
何かの操作ミスや不具合によりアカウントが使えない状況になったときに回復する方法がなさそうだからです。

特に以前こんな経験をして一気に信頼できないと思うようになりました。

◇◇◇

MEDIAS W(Android)とLumia 1020(Windows Phone)のスマホ2台持ちをしていた頃、LINEはそれぞれ別のアカウントを取得して使っていました。
MEDIAS WのほうはメインのLINEで友だちもそちらで登録しています。
Lumia 1020のほうはMEDIAS Wと妻のみが友だちです。

妻のLINEと上記2つのアカウントが参加しているグループがあって、写真はそこのアルバムで共有することになっていました。

この状態でそれなりの期間普通に使えていました。

そしてあれは忘れもしない保育園の発表会の日。
Lumia 1020で撮影した写真をその場で妻へ共有するためLINEグループのアルバムに載せようと思ったところ、なぜかLINEがログアウトされた状態でした。

すぐにログインし直したところ、なぜかMEDIAS Wのほうに着信バイブがありました。
嫌な予感がして確認したらこちらもログアウト状態に。

軽く青くなりながらも、焦ってはいけないと思い、そのまま放置。
発表会が終わった後でMEDIAS Wのほうもログインし直しました。
すると友だちが全部消えていたのです。

さすがに困りました。
まずアカウント、というか友だちを復活させようとしたのですが問い合わせ窓口すら見つかりませんでした。この時点でLINEってそういうサービスだよなと思って諦めました。

元々友だちの自動追加などはOFFにしてあり、とりあえずすぐに戻したい人だけLINE招待のSMSを送って再び友だちに追加してもらい回復しました。

そのまま、電話番号を交換していなかったLINEの友だちはすべて失いました。

このときちょうどクロネコのLINE連携が始まって登録した直後だったのですが、もちろんクロネコのアカウントも友だちではなくなっていました。再登録する気はないのでそのままになっています。
ただおかしいのは、他の企業アカウントからのメッセージは届くのです。友だちではないのに(トーク画面に行くとそう表示される)。

◇◇◇

何かしら通常では考えづらい不具合などが発生したのだろうとは想像するのですが、そういうことがあったので、生活のインフラ的なところでLINEは使わないでおこうと思っています。

ガントチャートあるある:タスクが複数の担当者で処理されてワケが分からなくなる

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
職場ではRedmineを使っていて割とチケット駆動で作業ができています。
元々は不具合対応のチケットが多かったのですが、新しい仕事や、ちょっとした作業でもチケットを発行するように心がけるようになってきました。

メンバ間でチケットを回すことが浸透してきたおかげで、進行状況について多少の記録が残るようになってきました。

Aさんがちょっとした作業のチケットを作成し、Bさんへ回す。
Bさんは作業が終わったらCさんへ確認を回す。
Cさんは確認が済んだらチケットを「完了」にする。

これはこれで良いのですが、逆にガントチャートとの相性が悪くなってきます。

上記のように1つの作業(=チケット)が複数の担当で処理されるようになるのです。

WBSを作るときは1つのタスクで担当はBさんだけだったのに、それをチケット化して運用するとAさんやCさんにも何らかの作業が発生することになるのです。

それならばとWBSレベルでタスクを分けるのかというと、AさんやCさんへ割り振る時間が短すぎるため、それもちょっとやりづらいです。

「ちょっとした作業|チケット発行」(Aさん:見積5分)
「ちょっとした作業|実施」(Bさん:見積8時間)
「ちょっとした作業|動作確認」(Cさん:見積20分)

WBSでここまでタスクを分けるのはちょっとシンドイです。

かといって分けないと例えば「Aさんは来週休むからこのままではチケットが出てこなくて、たぶんBさんは遊んでしまう」とか「今週はチケットが多いからCさんは稼働時間がオーバーして動作確認できないかもしれない」とか、本来分かるはずのことが分からなくなってしまいます。

このように、何となくジレンマにおちいってしまいがちです。

2017年3月19日日曜日

固有名詞はキチンと最後まで言おう

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、気になっている事があります。

固有名詞、特に流行りものの名称をきちんと言わないことです。

「恋ダンス」を「ナントカダンス」
「ポケモンgo」を「ポケモンのアレ」
「Xamarin(ザマリン)」を「ざまナントカ」

オッサンとしては恋というキーワードやミーハー感が小っ恥ずかしかったり、読み間違いを恐れる気持ちはよく分かります。

しかし最近周囲でこういう「ナントカ」を連発で聞いた印象はあまり良くありませんでした。

何かを恥ずかしがってる?
自信が無い?
もしかして覚える能力が衰えてる?

というわけで、自分も気をつけようと思います。

2017年3月12日日曜日

ガントチャートあるある:タスクが分割されていく

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ数ヶ月、職場で10人程度のチームでプロジェクトを進めています。

プロトタイピング風やアジャイル風という表現をしたくなりますが、まぁ「わー」っと各自がコーディングしていって、だんだんモノが出来てくるという状況です。

当初それなりにタスクを列挙し「線表」を書いて着手したとはいえ、途中で仕様変更や急にやらないといけないタスクや病欠といった、想定外のことが色々と当然発生します。
職場のチケットシステムでそれなりに運用できているため、タスク個々の状態は把握できるのですが、見通しとなると話は別です。
そんなときにかぎって、「現状」や「今後の見通し」を上司やメンバから求められます。

今まではプロジェクトの開始時や、都度求められるたびにGanttProjectを使って何となくガントチャートを引いていました。

ただ、このGanttProjectは印刷(PDF化)が思うようにできません。
たとえばExcelなどでよく使う「横1ページ(縦Nページ)」に収める、といった指定ができないため、とりあえずA4で縦横の複数枚を印刷してテープで貼り出していたことがありました。またPDF化すると日本語が印字されません。

しばらく使っているとファイルを開くだけで原因や対処の方法が不明なエラーが出るようになるなど、ちょっとイマイチ感が強くなってきました。

人に見せる際にGanttProjectのファイルを展開しても「このファイルは何で開くの?」とか聞かれること必至で面倒なため、個人でOffice 365のMS Projectを契約して使い始めました。

これで印刷の問題はだいたい解決できました。

◇◇◇

さて、せっかく使えるのだからガントチャートに毎日メンバの進捗を入れて常にプロジェクトの「現状」くらいは把握しようと思い、始めてみました。

いざ始めてみると色々とややこしいことが出てきました。
そのひとつがタスクが分割されていくことです。

WBSほどではないにしろ、もともとプロジェクトの「タスク」は線表に項目としてあがっていて、それぞれの前後関係(先行タスク)の設定もしています。

たとえば、Aさんは今日「タスクX」をすることになっています。
しかし当日の昼頃に状況を確認すると「タスクXを半分ほど手がけたところで問題が起きて解決策を試行錯誤している。数日はかかりそう」などという答えが返ってくるのです。

それ自体は仕方ないとして、個人的に問題なのはガントチャートの方です。

「タスクX」の進捗を50%にするのと、「試行錯誤」タスクを作るまでは良いでしょう。

その後が面倒すぎるのです。

「試行錯誤」タスクの先行タスクを「タスクX」にするわけにはいきません。
途中から始めた感が出ないからです。
MS Projectの「タスクの分割」を「タスクX」に適用してみたところでダメです。
単に「タスクX」の終了日が延びるだけだから、「試行錯誤」タスクがその後になってしまいます。

他にも色々試しましたが結局「タスクX」を普通に分割するしかなさそうです。
つまり「タスクX」を「タスクX:前半」として期間も半分にして進捗を100%にして、「タスクX:後半」を作成し、残りの期間を割り当てて開始日を「試行錯誤」の後にするのです。

あー面倒。

2017年1月19日木曜日

子どもから「キミ」とか「あなた」とか呼ばれて驚く

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
長男も大きくなった頃、近所の子たちと遊んでいて驚いたことがあります。

「キミ」とか「あなた」と呼ばれるのです。

例えば鬼ごっこに僕も参加させられて、ある程度親しくなって、その子らのテンションも上がってきて、ルールを変更しようとか言い出すときに、「ワシ」に向かってこう言うのです。

「じゃあキミは、捕まったらココにタッチね」

「△△君とあなたがチームね」

人から「キミ」とか「あなた」と呼ばれた記憶がないことに、そして子どもからそう呼ばれたことに驚きました。


後から、なぜ驚いたのかなーと考えると、面白いことに気づきました。

「キミ」でイメージするのは、ドラマで「キミには辞めてもらう」とか「キミの意見はもっともだが」とか「キミのことが好きだー」的なものです。

「あなた」もイメージするのは、「あなたが好きだから-」とかそういうのです。

でも大人は普通、知人なら名前を呼びますし、知らなければボカします。

会議の場なら「山田さんの意見は分かりますが」と言いますし、山田さんを目の前にしての告白なら単に「好きです」って言うと思うのです。

僕のことを「○○パパ」とか呼んでくれる近所の子どもたちは、ちゃんと「△△君と○○パパがチームね」とか言うはずです。

何度も会っていても「○○パパ」と呼ばれたことがない子はやはり遊んでいるときに「キミ」が出たりします。

つまり「キミ」とか「あなた」と言われるのは、知人として認識されていないか、どう呼んだら良いか分からない、あるいは分かってるけど不慣れで恥ずかしいなどの理由で呼べなかったことを示します。

気づいたからどう、というものでもないのですが、面白いもんだな、と思いました。

子どもと話すときは自分のことを「ワシ」と呼ぶと便利

Pocket このエントリーをはてなブックマークに追加
長男が1歳くらいになって近所の児童館へ遊びに行くようになった頃、そこにいた「上の子」たちと話すようになり、僕はちょっとした悩みができました。

その子たちに対して、自分の事を何と呼べば良いか。
 

「ぼく」

自分を「ぼく」や「わたし」あるいは「○○ちゃん」と呼ぶような園児に対して、オッサンが自分の事を「ぼく」と言うわけにはいかない、と感じました。それでは対等だと思われる。
 

「わたし」

大人なんだから「わたし」と言えばどうか?
でもこれがオトナっぽいと思うのは大人だけで、女子の「わたし」と響きが同じで対等と感じそうだし、ヘタすると男子から「オンナみたいー」みたいなイラッとする指摘を受けるハメになる。
 

「俺」

「俺」ならどうか?
いい大人が、子どもにエラそうにしてるような感じがした。
僕としては「赤ちゃんを遊んでもらう」という立場もあり、あまりエラそうにはしたくなかった。

また男子は年中さん~小学校低学年あたりで「オレ」デビューするわけで、そいつらと対等になるのも好ましくない。却下。
 

「じぶん」

関西人じゃあるまいし。あと子どもには通じにくそう。
 

「ワシ」

しっくりきました。

子どもに通じやすく、決して彼らとは対等にはなりません。
「ぼく」や「わたし」、さらには「オレ」より確実に上という感じがします。

それでいて響きが優しいのか、あまりエラそうではない。
「ねぇドッジボールしよう」「ん、俺か?」
「ねぇドッジボールしよう」「ん、ワシか?」
ほら。

初めての子は例外なく「なんで『ワシ』って言うの~?」と騒ぎ、そこから会話が生まれるという特典付きです。

しかも周りのパパさんとも被らない。

僕だけが『長男くんのパパは、自分の事を「ワシ」という面白い坊主のオッサン』と認識され、それから何年も親しんでもらえました。

それ以来、家の中でも「ワシ」で通していますし、保育園や小学校でも子ども相手の場合はそうしています。

あ、普通に大人相手の時は「ぼく」です。

まとめ:子ども相手に「ワシ」はオススメ

最初の小っ恥ずかしささえクリアできれば、子ども相手には便利です。